管理人:ゆに             参加イベント予定           1月8日WUGオンリー C02


by manyutin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いまさらですが
杜の奇跡御疲れ様でした!

結局ボクが会場に着いたのが1時過ぎだった上に
ジャンケン大会にも参加しなかったので
ほとんど会場にほとんどいなかったような気がします(笑)

それでも、途中でい~ずさん、アサシンさん、ゆーくん、
緑さん、トモさん、TAKASHI∞さん(仮名)、巫女男さん(笑)等に
会えました!

特にTAKASHI∞さんと巫女男さんとは
ほとんどの時間を変態トークで
費やした気がします。

また変態しましょうw



2次会はゆー君とアサシンさんとでMTGシールド戦。
ゆー君が相変わらずの神引きを見せ【審判の日】やフェッチ等を
引き当てムキーッ!!となったものの
結果はギリギリでボクの優勝!!

ボクのライフ1でゆー君がライフ10の状態での
逆転勝利はほんとにドキドキした!!

これがあるからカードゲームは面白いよね。


アンティである【光輪狩り】を3枚獲得(笑)
HOILもゲットですよ!(いらねぇ)



その後はみんなでカレーを食べに。
前日mixiで言っていた
ボクとい~ずさんでトッピング全部乗せを実行。

残念な事にとんかつとオムレツが品切れで
全部とはいかなかったものの
かなり異形な状態。

店員さんが

「全部乗り切らないので、お皿を分けてもよろしいでしょうか?」

とか(笑)

全部食べきったものの
かなり気持ち悪かった…。

というか、あれからお腹の具合がおかしいんだけど
どうなのよ?
い~ず君は大丈夫なの?ww



とりあえず、みんな馬鹿に付き合ってくれて
どうもありがとう!w

今度はジャンボパフェでよろしくお願いします(笑)
[PR]
by manyutin | 2009-10-29 00:37 | イベントレポート | Comments(2)


ここ数日、具合が悪かったと
思ったら風邪っぽいです。

昨日の夜はさすがに辛くなって
お風呂に入ったら
寝てしまった。


すごく寝たら風邪の具合は
微妙だけど、なんだか頭はすっきり。


最近はほとんどニコニコなんて
見てなかったのに
たまたま見つけた曲を聞いてたら
なんだか涙が出てきて仕方がなかった。



こんな時は誰かに側にいて欲しい。
大切な人。




【ラブプラス】を買おう。
そういう話。
[PR]
by manyutin | 2009-10-09 11:20 | 日記 | Comments(2)

【歌】ALICE



【もしこのお話にため息が聞こえるなら、それは、
幸せな夏が過ぎたことを貴方が知ったということである】



そんな言葉を聞いた時に
なんだか悲しく思えた。


ボクがもし、自分の昔を思い出したとき、
悲しく思えたのなら
それはボクが知ってしまったんだろうと思う。


いや、ボクは知っていたんだろうと思う。

それが過ぎてしまったこと。



遠い、遠い
笑えない話
いつか、僕がいなくなったなら
深い、深い森に落ちた
君は一人で行くんだぜ。



だけど、それは
ボクは幸せであったことを示す鍵でもあるんだろう。
[PR]
by manyutin | 2009-10-09 11:06 | 日記 | Comments(0)

【予定】コミケ等

今月
12日(月)仙台コミケ
25日(日)杜の奇跡


どちらもサークル参加ではないんですけど
遊びに行く予定です。
MTGやってる人(やってみたい人)、
一緒にやりたい携帯ゲームとかありましたら
コメントでもいれといて下さい(笑)

持っていれば持っていきます。
持って無くても余裕があれば買って行きますw



そういえばこのブログはずっと放置気味ですが
mixiの方がちょこっと更新してます。

マイミクとか気軽にどぞ。
[PR]
by manyutin | 2009-10-06 15:27 | 日記 | Comments(0)
先日の日記の後。


「もう、まにゅの事はどうでもいいから」

彼女からの言葉はこうだった。



それならばフってくれればいいと思った。
でも、自分からはフりたくないんだと
彼女は言った。

「後で辛くなるから」



ボクはどうしても別れたくなかったけど

「ボクの方から答えを出すから」



ボクから別れを言わなければいけないと思った。
男だからとかそんなんじゃなくて
彼女がとても辛そうだったから。

ただ、ボクよりも辛いんだと思ったから。




その夜のバイトは
その事で頭がいっぱいだった。


別れたくない。
でも、別れなくちゃ。



ずっとそれだった。



ずっと考え続けて
バイトが終わるころには
答えが出た。




バイトが終わって
いつものように時間を確認する為に携帯をみる。


「新着メールが届いています」



来ているハズなの無い相手からの
メールだった。

彼女から。



「まにゅ、好き」




嘘かと思った。
冗談かと思った。

下にスクロールを回すと
「嘘に決まってんだろ、馬鹿」
とか書いてあるのかと思ったけど
下にスクロールは出来なかった。


嬉しくて涙が出た。
さっき出した答えなんて
もうどっかに吹っ飛んだ。




その夜、電話で彼女はこう言った。


「野暮な事を言ったら、ほんとに別れるからね」



少し怒ってるような
照れているような、
そんな風に感じた。


「・・・うん、ありがとう」



と、ボクは答えた。









そんな訳で、仲直りできました。


ちょっと物語風に書いてみた。
HPの方でも物語風に書いたら
微妙に苦情のようなものが来たのは秘密だ(笑)


前回のでコメント下さった方々
どうもありがとうございます。
[PR]
by manyutin | 2009-10-06 15:23 | 日記 | Comments(4)